歯科で歯の問題を綺麗に解決|クリーンにわ歯歯

歯科

歯科医院

身近な歯科医院の役割とは。

歯科

歯が痛いな、もしかしてむし歯かな。と不安に思う方は多いと思います。 ご自身の年齢が壮年期にあるかた、だいたい40代からは虫歯より歯周病で歯を失う方が多いのはご存知でしょうか。 歯科医院にいらっしゃる方は自覚症状がおありになる方が大多数です。 歯の一部が黒くなっている、口臭が気になる、詰め物が取れた、審美歯科で歯を白くしたい。こちらは対応方法が決まっており比較的スムーズに治療効果が表れる場合が多いです。虫歯をとり白い詰め物をする、SRPと言われる歯茎の管理を行い徹底的な歯石の除去を行うことで口腔環境を改善する。詰め物が取れた場合、そのまま付けられれば良いのですが、取れた原因が虫歯が進行してしまった場合は再度作り直すのが良いと思われます。

歯周病との付き合い方はご存知でしょうか。

フッ素化合物配合の歯磨き剤の普及により年少児の虫歯の割合は減少傾向にありつつあります。親の世代の歯科に関する知識の向上も、罹患率の減少に関与していることが認められます。審美歯科に重要な毎日の歯磨きで虫歯を防ぐことの重要性は見過ごされてきましたが、毎日のケアにより口腔環境に改善がみられることの重要性は変わりありません。 ですが問題は、目に見えない歯周病による歯槽骨の吸収による歯の喪失にあります。今まで虫歯はあまりなかった。40代まではちゃんと咬めて食事も快適だったのに、最近歯がぐらぐらして抜けそう。審美歯科的にも不安がある。 入れ歯になる方は急になるわけではありません。むし歯があった方も自覚症状のなかった方も可能性はあります。一列に整った歯列に不快感を覚え審美歯科に相談される方も多いです。 まず歯科検診。ご自身のお口の中をご自身でしっかり把握すること。もし治療が必要があれば納得の上治すこと。 きちんと話し合える歯科医を持つことが重要です。